請求書と明細を同時に表示する
連動シートとは、あるシート上で選択したレコードに連動して表示が更新されるシートのことを言います。これにより関連リストなどの情報を同時に表示しながら作業することが可能になります。この章では「請求書」と「請求書詳細」の関連したオブジェクトを連動シートで表示させます。

請求書シートに請求書明細シートを連動させる

「請求書」オブジェクトを選び、新しいブックを作成します。
後に「請求書」と主従関係にある「請求書明細」の詳細を連動シートで表示するため、シートのレイアウトを分割し、複数のシートを表示できるよう準備しておきます。
ステップ
  1. 1.
    「請求書」ブックの⚙をクリックして「設定」開きます
  2. 2.
    次に「レイアウト」をクリックします。
  3. 3.
    設定ウインドウで「画面レイアウト」を「縦方向2分割」に選択
  4. 4.
    「請求書」シートの下に空のシート用ウインドウが表示されます。

各請求書レコードに関連した請求書明細のレコード詳細を表示

ステップ
  1. 1.
    シート下部「連動シートを追加」をクリック
  2. 2.
    「請求書」の関連リストから「請求書明細」を選択
  3. 3.
    「作成」をクリック
  4. 4.
    「請求書明細」が表示されました。「請求書明細番号」の列の右横に、「商品」「金額」「消費税」「合計金額」列を追加します。
「請求書」の各列をクリックすると、各レコードと関連された「請求書明細」が下部シートに表示されました。 毎回シートを変えなくても、ひとつのシートで複数のレコードの詳細を確認できるようになりました。
次に「請求書」シートの列を増やします。以下の列が請求書シートに追加されているか確認してください。
  • 請求書名
  • 取引先ID
  • 取引先
  • 請求日
  • 支払期限
  • 請求金額合計
「請求書明細」に以下の列を追加してください。
  • 商品
  • 金額
  • 消費税
  • 合計金額
Last modified 1mo ago