Mashmatrix Sheet チュートリアルについて

Mashmatrix Sheetでできること

【エクセルライクだから誰でも使える】 「Mashmatrix Sheet」はまるでExcelのようにSalesforceのデータを操作できます。ビジネスユーザにとって使い慣れたインターフェイスなので、直感的に扱えます。特別な研修を受ける必要はありません。
【データをまとめて操作】 Salesforceのデータを一件一件チェックしてまわるのはとても大変。「Mashmatrix Sheet」なら一覧画面でデータをまとめて確認でき、一括で編集も可能です。
【すばやく対応】 「Mashmatrix Sheet」は、問題の発見、共有、解決の全てのフェーズにおいて迅速な対応を可能にします。Salesforceユーザの問題に対応するために考え抜かれた機能がここにあります。

チュートリアルでつくるもの

このチュートリアルでは、Salesforceで管理される様々なデータを表示、編集、作成していきます。
基本機能を使ってみる」の章では、Salesforceの「求人票」「求人申込」「応募者」オブジェクトをSheetで表示させ、Sheetの基本機能を使い、Salesforceで採用活動を管理していきます。
請求書シートの作成」の章では、Salesforceの「請求書」「請求書明細」のオブジェクトをSheetで表示させ請求書シートを作成します。ここでは、複数の関連オブジェクトを1ページに表示できる連動シートを使います。連動シートを作成する事により、Salesforceのレコードを毎回開くことなく、関連レコードの詳細を表示させることができます。

チュートリアル準備

Mashmatrix Sheetのインストール手順は、以下のユーザーガイドを参考にしてください。 ユーザーガイドは、Sheetの使い方がわからなくなった場合にも使用いただけます。
はじめに
Mashmatrix Sheet

チュートリアルパッケージのインストール

ステップ
    1.
    以下のリンクをクリックします。(事前にMashmatrix Sheetパッケージをインストしておいてください)
    2.
    「管理者のみのインストール」を選びます。

インストールしたパッケージの確認

ステップ
    1.
    Salesforce画面右上の⚙マークをクリック→「設定」をクリック
    2.
    画面左検索ボックスに「パッケージ」と入力
    3.
    アプリケーション→「インストール済みパッケージ」をクリック
    4.
    メイン画面で「Mashmatrix Sheet」と「Mashmatrix Tutorial」がインストールされていることを確認

パッケージされているデータをロード

ステップ
    1.
    アプリケーションランチャーより「Migration Commander」をクリック
    2.
    「Load Data」をクリック
🚢
それでは、Mashmatrix Sheetを使って、新しいSalesforceを体験を始めましょう。
Last modified 7d ago