はじめに

Mashmatrix Sheetとは

Mashmatrix Sheetは、Salesforce上のデータをまるでExcelシートのようなインターフェースで閲覧・編集することができるWebアプリケーションです。
これまで、Salesforce上のデータをメンテナンスするときには、一旦CSVなどでエクスポートしてExcel上で編集したのち、また再びインポートあるいはデータローダーなどを利用してSalesforceに取り込むと言った作業を行う必要がありました。
Mashmatrix Sheetを使えば、面倒なデータエクスポート作業を行う必要なく、Salesforceにログイン後、そのままブラウザ上でデータメンテナンスを行うことができるようになります。使い慣れたExcelのようなインターフェースを提供しており、フィルタやソートといった操作はもちろん、コピー&ペーストによる複数レコードの一括編集なども可能です。
作成したシートはSalesforce組織内のユーザで共有することもできるため、データ入力が必要な業務を複数人で円滑に実施することもできます。
アプリケーションはすべてSalesforceプラットフォーム上で動作するため、外部へのデータ流出などを気にする必要はありません。

動作環境

サポートされるSalesforceのエディション

  • Professional Edition
  • Enterprise Edition
  • Unlimited Edition
  • Force.com
  • Developer Edition

サポートされるWebブラウザ

  • Google Chrome 最新版
  • Mozilla Firefox 最新版
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge 最新版
  • Safari 最新版 (macOS のみ)

インストールの手順

Mashmatrix SheetのインストールはAppExchangeサイトから行います。インストールの実施の前に、AppExchangeアプリケーションのインストール権限を持つSalesforce管理者のアカウントを用意しておく必要があります。
  1. 1.
    AppExcahngeサイトにアクセスし、検索ボックスより「Mashmatrix Sheet」を検索します。あるいは直接こちらのURL (http://bit.ly/GetMsmxSheet) にアクセスします
  2. 2.
    Mashmatrix Sheetのページに表示されている「今すぐ入手」ボタンをクリックします
  3. 3.
    Salesforce管理者のアカウントでログインし、インストールする組織の情報が正しいことを確認します
  4. 4.
    インストール実行画面で「管理者のみに公開」を選び、インストールを続行します
  5. 5.
    インストールが完了したら、Salesforceのアプリケーションメニューに「Mashmatrix Sheet」が追加されていることを確認して下さい

管理者による初期設定

インストール後、管理者以外のメンバーも含めて利用するためには、それぞれのユーザに対して以下の手順でアプリケーションへのアクセス権限を設定する必要があります。
  1. 1.
    管理者アカウントでログイン後、「設定」メニューを選択
  2. 2.
    左サイドバー内の「クイック検索」から「権限セット」を検索し、同メニューをクリック
  3. 3.
    権限セットの一覧から「Mashmatrix Sheet User」をクリック
  4. 4.
    「割り当ての管理」をクリック
  5. 5.
    「割当の追加」をクリックし、適切なユーザを選んで追加し「割り当て」ボタンを押す
また、製品ライセンスを購入後には、ライセンスの割当のために以下の設定も必要になります。
  1. 1.
    管理者アカウントでログイン後、画面右上の「設定」メニューを選択
  2. 2.
    左サイドバー内の「クイック検索」から「インストール済みパッケージ」を検索し、同メニューをクリック
  3. 3.
    「インストールされたパッケージ」セクション内にリストされている「Mashmatrix Sheet」パッケージの「ライセンスの管理」リンクをクリック
  4. 4.
    「ライセンス済みのユーザ」セクションから「ユーザの追加」ボタンをクリック
  5. 5.
    ユーザ一覧からライセンスを与える適切なユーザを選択した後、追加ボタンをクリック
Mashmatrix Sheetをアプリケーションメニューからアクセスできるようにするには、メンバーの属しているプロファイルに対してアプリケーションを参照可能に設定する必要があります。
  1. 1.
    管理者アカウントでログイン後、画面右上の「設定」メニューを選択
  2. 2.
    左サイドバー内の「クイック検索」から「プロファイル」を検索し、同メニューをクリック
  3. 3.
    表示されているリストから該当するプロファイルを選択
  4. 4.
    「割り当てられたアプリケーション」に進み、「編集」ボタンをクリック
  5. 5.
    「Mashmatrix Sheet (msmxSheet__MashmatrixSheetApp)」 および「Mashmatrix Sheet (msmxSheet__MashmatrixSheetLightningApp)」の「参照可能」チェックボックスをチェックして保存する
権限セットおよびライセンスを割り当てられていないユーザは、所属しているプロファイルが Mashmatrix Sheet アプリケーションを参照可能に設定されていても、Sheetアプリケーションにアクセスすることはできません
最終更新 30d ago