面接前後の応募者をビューの切替で管理
採用担当者は面接に至っていない応募者を素早くソートし、確認する必要があります。 「ビュー」の設定を利用して、「面接前の応募者」と「面接に進んだ応募者」を分けて表示しましょう。また、他のチームメンバーが、設定したビューを利用できるよう、ブックを共有しているユーザに「設定したビューを公開」しましょう。

ビューの設定

ステップ
  1. 1.
    「求人申込」のシートを開きます。
  2. 2.
    ビューを設定するヘッダーメニューの右横の▼マークをクリック
  3. 3.
    設定をクリック
  4. 4.
    オプションをクリック
  5. 5.
    「ビューの切替えを有効にする」をチェック 
    👉
    ブックを共有しているユーザにプライベートビューの設定を許可する場合は「プライベートビューの作成を許可する」をチェック
  6. 6.
    保存をクリック

ビューの作成

「求人申込」のシートにビューを作成します。
「面接前の応募者」ステップ
ソート/フィルタを使ってデータを見えやすくする」の章を参考に「面接前の応募者」だけを表示しましょう
1.「面接日」の列に高度なフィルターをかける(条件=空である)、次に右下の「適用」をクリックします。
2.「ビューの切替」ヘッダー部▼をクリックして新しいビューとして保存する(「面接前の応募者」という名前を付けて、新しいビューを作成)
「面接に進んだ応募者」ステップ
  1. 1.
    「面接日」のフィルタを「空ではない」に変更する
  2. 2.
    「ビューの切替」ヘッダー部▼をクリックして新しいビューとして保存する(「面接に進んだ応募者」名前を付けて、新しいビューを作成)
ブックを共有しているユーザーにビューを公開する場合は、「ビューの公開」をクリック